緊張から来るED

極度の緊張からEDを発症させる場合もあります。
特に女性経験が少ない人や、
女性経験が一切ないチェリーボーイ、つまり童貞の男性にしばしば見られます。

初めて何かをするというのはとにかく緊張するものです。
恐怖心を強く抱いている場合もあります。

また、その理想が高ければ高い程緊張感も高まります。

しかし、その緊張のせいで性的興奮が得られなくなり、
精神的なEDを引き起こすこともあるのです。

また、緊張すると血流が良くなると考えられがちですが、
実は逆です。血流は悪くなります。

例えば緊張すると頭がのぼせるようになります。
それは血液が頭にのぼり下に降りてこないからです。

よって下半身は血液の供給不足になり、肉体的にもEDになりやすいのです。

また、幼少期のトラウマなどから引き起こされるものも
プロセスは同じです。

性的なことからそのつらい過去を思い出してしまい、
性的興奮よりもその恐怖心の方が上回ってしまうのです。

しかも、この手のトラウマは、以外にも患者本人がメインの記憶として覚えておらず、
原因究明が非常に困難なため、治療に時間がかかる場合がほとんどだそうです。

本人が覚えていなくても、潜在意識のどこかに潜んでいて
何故か特定のことがらで恐怖心を思いだしてしまうというのは誰にでもあります。
オナニーから来るED体内脂肪からくるED