オナニーから来るED

オナニー、つまりマスターベーションが原因でEDになる場合もあります。

別名膣内射精障害と呼ばれることもありますが、
これも「満足に射精できない状態」というEDの定義に当てはまりますので、
立派なEDに当てはまります。

まず、マスターベーションもパートナーとのセックスも、
どちらも性的な刺激が必要になります。

つまりあまりにし過ぎて精力不足に陥るという
極めて稀なケースではありますが、それが原因で
一時的なEDになる可能性もあるのです。

しかし、やっかいなのはそれではありません。

マスターベーションの際に強く握りすぎて
本来のセックスでは得られないような圧力を与えてしまうと、
実際の性行為の時に射精に至らないことがあるのです。

また、マスターベーションの方法は個人により異なりますので、
その方法が特殊であれば特殊であるほど
セックスに興味が無くなってしまいEDになりやすくなるのです。

ですので、解決のためには、できるだけ自然な性行為に近い状態で
マスターベーションを行うことをオススメします。

もしくは辞めてしまえばいいと思います。

元々貴重な精力を減退させているに過ぎませんし、
科学的に害悪なものです。

もしEDが気になる場合はしないに限ります。
緊張から来るED